介護ナビ 介護予防〜認定、保険、施設、用品の知識

注目を集めている資格・介護事務について説明しています

介護事務

介護保険法が施行されて、様々な新しい仕事が生まれてきています。介護事務もそのひとつ。病院の診療報酬の点数を計算するのが医療事務なら、介護報酬の請求業務を担うのが介護事務という仕事です。介護事務の資格を持つのが「介護保険事務管理士」。介護サービスは利用者がその1割を負担、残りの9割を市町村が負担する仕組みになっていて、その計算をするのが介護事務です。医療事務のようにかかった費用をポイントとして加算するのと違い、介護サービスの場合、その上限が決まっているので、時にはケアマネージャーと相談しながらサービスの内容をチェックしていくケースもありえます。最近では医療機関がケアサービスを行う施設も併設しているケースも増えてきているので、医療事務と介護事務の両方の資格を希望する人や、ケアマネージャーが事務の知識を持ちたいと、この資格を受験する人もいて、なかなか人気の資格となっています。通信教育通信講座で受講する人も増えてきていて、様々な学校が専門のコースを設置し始めています。一歩踏み込んだケアマネージメントをする上で欠かせない知識のひとつである“介護事務”今後ますます需要が高まる仕事であることは間違いありません。

Copyright 2008-2013 介護ナビ 介護予防〜認定、保険、施設、用品の知識 All Rights Reserved.