介護ナビ 介護予防〜認定、保険、施設、用品の知識

介護派遣について説明しています

介護要員の派遣

インターネットで介護の仕事を探そうと検索をしてみると、数え切れないほどの派遣会社のサイトが目に飛び込んできます。大手の派遣専門サイトには、介護要員専門の部門がありますし、医療関係専門の派遣会社も、介護派遣部門を設けて、スタッフ集めに必死の様子です。サイトの量だけを見てみると、なかなか景気の良さそうなイメージを受けますが、実際のところ、ケアマネージャーをはじめとする介護要員は全く足りていない、というのが現実の様です。介護の仕事は実に様々な分野に分かれています。介護専門の派遣サイトを見てると、介護支援専門員、計画作成担当、施設長、在宅ホームヘルパー、生活相談員、介護職員、看護師などなど、細かな分野に分かれてそれぞれが人材を募集していることが良くわかります。

日本の高齢化は加速して介護を必要とする人も急激に増えています。国を挙げて、“要介護”にならないような予防医療に力を入れていて、ある程度の効果は現れてはいるものの、それでも“介護を必要とする人”>“介護ヘルパー”の状態は解消されるどころかますますヘルパーやケアマネージャー不足が深刻になっています。 看護師同様、激務と言われている介護職。国の補助制度などで待遇改善を本気で考えなくては、今後介護を仕事にしよう、と考える若者はいなくなってしまうのではないでしょうか。

Copyright 2008-2013 介護ナビ 介護予防〜認定、保険、施設、用品の知識 All Rights Reserved.