介護ナビ 介護予防〜認定、保険、施設、用品の知識

在宅介護の際に必要となる介護用品のレンタルについて説明しています

介護用品のレンタル

人は老いると、自分ひとりの力ではなかなか生活をするのが困難になってきます。介護施設に入所するほどではない、あるいは家族に介護をしてくれる人が居る場合には、在宅で介護を受けるようになります。介護保険制度が確立されてからは、介護にかかるあらゆる費用を介護保険でまかなうことが可能になってきました。それでも人の手を借りて、介護を受ける以上、様々な面で出費がかさむようになります。介護ヘルパーの人件費だけでなく、様々な介護用品を購入したり、自宅を介護用に改築したりする必要が出てくる場合もあります。

介護用の入浴をサポートする設備や備品、補助つきのトイレなどは介護保険の適用対象品になっていたりしますが、それ以外にもあると便利なものや必要不可欠なものがたくさんあります。 実際に使ってみないと使い心地がわからなかったり、自分の体に合うかどうかわからなかったりする、介護用ベッド歩行器車椅子などの介護用品レンタルがお勧めです。しばらく使ってみて、使いにくかったりした場合、レンタルなら別のものと交換することも可能です。車椅子用のリフトや手すりなどは高価ですが、こういった商品もレンタルしてくれる専門の業者があるので、上手に利用して、なるべく出費を抑えたいものです。

Copyright 2008-2013 介護ナビ 介護予防〜認定、保険、施設、用品の知識 All Rights Reserved.